2006年07月31日

倶知安ジャズフェス2006

すごかった〜
土日は倶知安ジャズフェス2006、行ってました、
二日とも快晴。

今年は私の恩師が所属する、
札幌のビッグバンド、ドリームファクトリージャズオーケストラが、
2日続けてプロ出演。
去年の札幌ジャズフォレストでは、
タイガー大越さんとともに出演を果たしたドリファクですが、
ドリファクってこう、っていうサウンドの個性が私の中に
ばりっと焼き付いたLIVEでした。
カッコいいです、"Old Devil Moon" は、
グルーブ感最高、中毒的要素ありありw
もっともっとこまめにLIVEをやって欲しいです。
ということで、
土曜に会場に着いてすぐ、ご昇天。

そして、二日目の"Soil&"Pimp"Sessions"
あーあ。
とうとう観てしまいました、もの凄いインパクトでした。
前から気になってたけど、音源聞いたことはなかったので
余計に驚いたんだけど、

メンバー全員、
人生の侘び寂びを知ってる人間性がにじみ出た音色を出せる表現力の高さとか、
ものすごい演奏技術と素晴らしいマインドを感じるので、
きっと、誰でも文句なしだと思いますw
とくに、ピアノの丈青さん、天才的。

クラブから出てるバンドだから、クールだし、
ダンスミュージックの真髄をやってる。
ジャズはもともとダンスミュージックなだけに、
古い時代のジャズも垣間見えるので、もう、降参状態。
全部生音でやってるところにもこだわりを感じるし、
大ファンになってしまいました♪

クラブ育ちな私なのに、
ハードな音はすっかり苦手になってしまってましたが
音の質さえ高ければ、爆音は心地良い。
ーということも再確認できた、今年のニセコ。
温泉三昧でもあった今年のニセコ。
最高な充電♪

そして、今週末は、札幌のジャズフェス、
ばんけい&札幌ジャズフォレストです。
こっちもすごく楽しみ。
posted by mina at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Photo Art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

I Remember You

Chet Bakerの歌を毎日聴いてます。

"I Remember You"のverseがどうしても歌いたかった。
ということをこの間思い出したので、次回のLIVEで歌います。

"Was it in Tahiti?Were we on the Nile?
Long long ago,say an hour ago
I Recall that I saw you smile."

「前世での出来事」って
私はどうしても無意識に意識してしまっていることが多くて
それは別に、思い込みだけでもいいときもあって
それでもいいときもあるし、驚くようなことも実際あるし、
懐かしい感じっていい。
この曲って、
なんだかとくにそれを反芻してる感じがすごくして切ないです。

ずっとまえに日記にも書いたんですが、
"What's new"とおなじ感じ。

なんなんだろう、
この異様なまでに懐かしい感触。

わからない・・・・。










posted by mina at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

夏、今日は二日酔い

土曜はanoila LIVEだったけど、うーん。
心残り、とはこのこと。
個人的な練習量があまりにも足りなすぎ、
不完全燃焼のモワモワする妙な感じが残るなんて ほんとだめだー私。
次回。次回です。
先に進もう、 先に生かすしかポジティブな方法はないですし。


日曜は、太美ってとこに行った、
前日一緒だったギターN氏とベースO氏と三人で演奏、
anoila LIVE直後、N氏にいじめられw
前者の個人的ないろいろもあったせいなのか、
大人げなくも一瞬泣いてしまったわたしだが、(やれやれ・・・)
N氏はわるぎはないということが判明、和解。
すっきりしたところで
このメンツだとどうしてもアホな話題と天然で話はもちきりになり、
笑い過ぎも 腹筋鍛えられるっていう意味ではいいんだけど。

夜に札幌戻ってきて、サカパの周年パーティ、
この日はスタッフ、T氏の誕生日でもあり
acid roomに着いた時点ですでに私はくらくらしていたが
「おめでとー!」言えてすっきり。

昨日は裏参道まつり。
"円山Small Hours" presentsのLIVEがあったので
美人ピアニストと、お昼から飲みながら観た。
セコいようですがタダで豪華メンバーのLIVE見れるのはいい。
ものすごい雷とスコールに見舞われていた今年の裏参道まつりは、
去年よりもさらにパワーアップしていた、大にぎわい。
出店も増えてて、人もたくさん。
しかし、
お願いだから大音量でのカラオケ大会だけはやめてほしい。

裏参道といえば、私のうちの目の前なので、
お酒を買い足し、美人ピアニストのLIVE録音を聞いた。
すごいな。。。素晴らしかった。 ダビングして〜〜。

そうこうしてるうちに、 イケメンピアニストS氏も来て
イケメンって。。。。
こういう日本語って使うのすごく嫌なんですけれど、
これは日本語じゃないな、けど、
美男子ピアニストってのもどうかと思うし、あーあ、
ボキャブラリー乏しい。。。
要するに三人で飲んだわけです。

そして、ここでもやっぱり「天然」が話題に昇って、あなた。
あなた絶対人のこと言えないくらいおかしいですよ。
と言い合いになり、
そのうち、どれだけ自分はおかしいかでみんな
自慢しだすのではないかという懸念を覚える今日この頃。

あーあ、それにしても楽しかった♪
ぶっ飛んでるミュージシャン万歳。
posted by mina at 15:30| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

7/15 sat. LIVE @Radio & Records

明日は、SOUL&DANCE MUSICのほうのLIVEです。
詳しくは"anoila" BLOGへ♪
posted by mina at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

特別な気持ちになった日

龍雲

昨夜、ある飲み会におじゃました。
世界90カ国とか、何十カ国もの国を歩いて、またはバイクで、またはヒッチハイクで?
旅する人たちがたくさん。
ある方のお誕生日会だった。

京都に住む知り合いづたいに、お友達になったiくんは、
徳島から来ていて、札幌に滞在すること2ヶ月近く??
彼の出現によって普段はお会いすることのないような人たちと出会ってる。
ありがとう!!

世界を桁外れにたくさん旅してる人々は、みんなおだやかな表情をしていて
必要以上に喋らない。
それから、うちの猫と同じような優しい感じがする。

ふつうがつまらない訳じゃないけれど
ふつうじゃやれないことをやることがふつうな人も世の中にはたくさんいて
自分の人生をいかに楽しむのかを模索してる。

あの場で、たくさんお話をしてくれて、私の話もたくさん聞いてもらって
アドバイスもらったり、アカペラで歌わせてもらったり、
何かの答えが出たみたいに、すっきりしてます。
皆さん、本当にありがとうございました。

家に帰るころはもう夜が明けようとしていて、
紺色の空に、天にまっすぐ登っていく"龍"のような雲が浮かんでた。
不思議な雲でした。
みんなでうっとり見とれたあと、

さらにzacapa円山店に行き、ついに完全に日が昇るまでw
みんなでダーツやったり、また歌ったりして
ついつい盛り上がってしまった。夜更かしもたまにはいいよね、たまには。。。。

私には恩人がたくさんいます。
いろんな人たちに支えられて生きてきて、これから新たにお世話になる人たちが現れて
毎日なにが起こるのかわからないのって、すごく楽しいです。
なので、こういうふうに刹那く涙が出てきたりします。
心から感謝。






posted by mina at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

このごろは、いい気温ですねー

過ごしやすい気温、個人的には早起き意欲がさらに高まる今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
あ、もう寝なきゃ。。。。

いまは練習しなきゃ、しなきゃ、っていう焦り、というか
煽り?誰に煽られてるのかな。
と問われれば、それは自分ですが(苦笑)


先日、とってもいい出会いがあって、楽しみがまた増えました。
彼女は素敵なピアニストで、なんと。
出身地同じ、高校も同じ、美人、サバサバしている、
そして、感情直結型。素直な人バンザイ!
彼女も間違いなく猫系です、みゃ〜。

またしても、
文章ではノー天気に見えるかもしれませんが
そんなことは決してないです、ないです。
日々、いろいろ大変です。

今回anoilaも新しい曲ばっかりだし。
新しいことにはどんどん手をつけ出して行こうと思っていますが、
自ら与える、または天から与えられる、関わる人々から与えられる
「アメとムチ」のバランスの調整って大事。

結局のところ、
歌いたい曲ばっかりで、困る、というのが現状ですが
あれもこれも・・・ってわけに行かないですから、
よーく考えて、選曲しよう、はい。







posted by mina at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

「 Chet Baker Sings 」

Chet Bakerの声。
柔らかく深い響きで、心地良すぎ、聴いてすぐに好きになりました。
この方は何か絶対的な何かを知っている、というような歌だなって
思いました。その何かっていうのは、自分で自分のことをこうだと
思い込んでいたり、こうあるべきとか、こうなりたいとか
何かに向かってるのではなく、淡々と本当の自分を知っている、
っていうような感じがにじみ出てる、とか。
勝手にいろいろ考える。
この方はOverdoseで亡くなってる。

前に「Chet Baker Sings」を頂きました。
久しぶりに聴き返してみると、そういえば"But Not For Me"が
入ってて、去年はKarrin Allysonが歌っているのを聴いて
やっぱり気になるメロディ〜と感じていたのですが、
今回聞いて、歌ってみたいなと思いました。
歌詞は、やけになっている失恋の歌だそうです。
美しいメロに、文句な歌詞(笑)

Chet Bakerのアレンジってどれもお洒落で素敵。
そういえば、"Old devil Moon"を初めて聴いたのも、
Chet Bakerだった。今回、"There Will Never Be Another You"
という曲も新たに発見したし

最近、iTunesが使えないんです・・・。訳ありで(笑)
そのせいで、CDプレイヤーでCDを聴く。
ということに立ち返っていますが最初は不便だわ〜
と思っていました。
でも、それはそれでいいことありますネ。
posted by mina at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。